治安は良い?悪い?

海外への留学となると日本と同じように安全という認識ではいけません。セブ島への留学に際し、あらかじめ治安についての情報や心構え、用心すべきポイントなどについて、とりまとめてご紹介していきたいと思います。

セブ島へ留学、治安はどうなのか・・・

率直に言ってしまいますと、現地に渡航経験のない日本人の多くは、フィリピンと言うと治安の悪い国という印象をお持ちの方が多いのではないかと思われます。これは半ば正しく、半ば間違っているとも言えます。それこそ、東京や大阪でも比較的治安のよい街とそうでない街があるように、フィリピンにおいても、治安は地域によって異なるのです。

とりわけセブ島はリゾート地として発展してきた街だけあり、フィリピンの中でも治安はよい部類に入ります。またそうでなければ、多くの留学生を受け入れる体制を整えられるべくもありません。仮に、語学留学生をターゲットにした犯罪が頻繁に起きるような地域であれば、セブ島は現在のように語学留学の盛んな地域とはなっていないはずです。

しかしながら、一方で用心を怠るのは禁物です。フィリピンは発展途上国であり、日本ほど安全ではないという現実があります。スリや置き引き、ひったくり、金品目的の恐喝などへの注意が必要です。この点は、絶対に心しておいてください。ここは日本ではない、何かが起こるかもしれない!というセンサーを常に働かせておくことが肝心です。国際的に比較してみても殺人事件件数はアメリカと同程度、強盗件数や強姦件数はニュージーランドやイギリスよりも低い数となっております。殺人事件などの重犯罪はビジネスや人間関係などのトラブルで被害に遭うケースが殆どであり、語学学校の生徒や旅行客とは関係のない犯罪といえます。普通に在学していれば問題は起きません。日本と違う国で生活するため、文化も宗教も価値観も全て違うと強く認識しその自分を合わせることも重要です。

具体的に注意すべきポイントとは・・・

では、具体的に、セブ島(フィリピン全土においても)にて、注意すべきポイントを挙げていきましょう。

貴重品から目を離さない

フィリピンに限ったことではありませんが、ほんのちょっと目を話した隙に持ち物が無くなっているというケースは頻繁に起こりえます。特に、カフェや食堂などでテーブルの上に財布や携帯電話などを置くのはすべきではありません。わざと騒ぎを起こして気を引き、その隙にやられるというケースもある位です。

夜に出歩かない

これもフィリピンに限らず、夜道は一人で歩かない方がベターです。特に夜の女性の一人歩きは大変危険です。危険な場所や状況は身の安全のために、出来るだけ回避しましょう。特にコロンストリートマンゴーアベニューなどのダウンタウンは夜行くのは避けるべきです。

華美なアクセサリーや高級品を身につけない

高級ブランドの腕時計やバッグ、目立つアクセサリーなどは「ここに盗むものがあります」と宣伝しているようなもの。Tシャツなど現地に馴染む服装を心がけてください。また多額の現金を持ち歩くことも避けるべきです。
ショッピングをする際はなるべく早く買い、立ち去るようにしましょう。大きなショッピングモール街でも買い物中盗難に遭ったりします。

無闇に誘いにのらない

よくある手口のひとつに「トランプ詐欺」があります。ショッピングモールなどで声をかけられ自宅や店などに連れていかれ、ポーカーなどのトランプゲームで多額の金額を賭けさせられて、お金をとられる、という詐欺です。招待を受ける場合、その人物が信用できるかどうかを慎重に判断すべきです。

また、人が好さそうに見えても知らない人には絶対について行かない、知らない人から飲み物をもらわない、飲まない、を徹底してください。飲み物に睡眠薬を混ぜて眠らせお金を取られたり詐欺に遭ったりするケースもあります。フィリピンの人は人見知りが多く、良からぬ目的でも無い限り、普通は外国人に自ら声をかけたりしません。

スリやひったくりに対する用心

現地ではジプニーという、乗合スタイルのタクシー(小型バスのようなもの)が、公共交通手段として利用できますが、時間によってはかなり混み合い、そのスキに財布やスマートフォンなどをスリに狙われるケースがあります。ジプニーを使うときは、荷物を最小限に抑えると同時に、細心の注意を払うべきです。

その他に毎年1月の第3日曜日から7日間開催される一大フェスティバル「シヌログ祭り」では国内外から約200万人もの人が集まり、スリやひったくりの被害がより増えるため、注意してください。特に最終日はパレードがあり、さらに要注意です。

ストリートチルドレンへの注意

ストリートチルドレンは年齢層5~10歳位の子供達でチームを作り、ターゲットを囲んで財布や携帯を盗む事が多いです。囲まれるとかなり危険です。お金持ちが住む事の多い地区は、一見治安がよさそうですがお金を持っているとマークされ、狙われるケースが多く注意が必要です。狙われないためにポケットに物を入れない、かばんは前でしっかりと抱えるといったことを心がけましょう。

不正行為のチェック

タクシーでメーターをわざと作動させず法外な料金を請求したり、クレジットカードをこっそりスキミングしたりという手口もあります。メーターがキチンと動いているか、カードは目の前で切るか、またタクシー以外でもクレジットカード使う時は必ず、目の前で切るのを絶対に確認をする習慣をつけて下さい。

このように注意することはたくさんありますが、常に「日本とは違う」という意識を持つことが大切になります。