費用はどれくらいかかる?

留学で一番気になるのは、やはり費用面ではないでしょうか?そこでセブ島への留学に際して、その費用や現地での生活費用といった面について、詳しく掘り下げてご紹介していきたいと思います。

セブ島への留学費用や生活費、その目安とは・・・

結論から先に言ってしまいますと、セブ島への留学費用というものは、選ぶ学校や航空会社、宿泊形態、為替レートなど様々な要素によって変動します。

そのため、正確な金額というのは、その時点での見積もりによって算出されるとうものになります。それを踏まえた上で、以下にご紹介する金額は、あくまでもおおよその目安としてお考えください。

セブ島への留学で大きな特徴と言えるのが、欧米圏への留学とのシステムの違いです。平たく言えば、基本的には多くの学校で全寮制を採用しており、学費に予め滞在費が含まれているというのが最大のポイントです。

基本的に日本円で固定設定されているケースが多く、欧米圏の語学学校のようにその国の通貨による料金設定はされていません。もちろん例外もありますが、概ね上記のスタイルと考えてよいでしょう。

より具体的に見ていきましょう。セブ島への留学に必要な授業料は学校によって多少差がありますが、ひと月あたり概ね10万円~15万円程度。そして多くの場合、月~金曜の授業料、土日を含む3食分の食費、宿泊費、水道光熱費などが込みとなっています(ただし電気代は使った分だけ請求される場合もあるようです)。また入学時には入学金として1万円程度が必要になってきます。なお、宿泊費は個室か相部屋かによっても異なり、またホテルなどを利用したい場合は別途費用が必要になるといった具合です。

学費以外で必要な費用とは・・・

上記の通り、授業料には滞在費の大部分が含まれていますが、別途用意しなければならない費用も存在します。詳しく見ていきましょう。

  • 航空券

    航空会社や渡航時期により異なりますが、LCCなどの格安航空券の場合は、往復3万円程度で賄える場合もあります。平均的な相場としては日本~フィリピンの往復チケットで8万円前後が目安です。

  • 海外旅行保険

    滞在期間や補償内容によって異なります。パンフレットやインターネットなどで検討してみてください。

  • SSP

    観光目的で入国した外国人がフィリピン国内で合法的に勉強するために必要な学生ビザです。申請費用は、6,000~7000ペソ(約12,000~15, 000円)程度となります。

  • ACR I-Card

    60日以上フィリピンに滞在する外国人に必要な身分証明書で、発行費用は、3,000ペソ(約6,000円)程度となります。

  • ビザ延長費用

    30日以上滞在する場合は、観光ビザ延長料金が必要となります。初日から計算して59日間滞在可能となる1回目の延長で3,350ペソが目安。また学校への手数料として別途500ペソ程度が必要です。

  • お小遣い・交際費など

    余暇時間や土日などに必要なお小遣い、アクティビティや旅行等に参加する費用も別途必要です。無駄遣いなどをしなければ、月1万円程度を考えておけばよいでしょう。