海外旅行デビューしたくて…

こちらでは、比較的ライトな目的でセブ島に留学した人の体験談を掲載しています。

体験や評判から見るセブ島留学【一週間の短期編】

本ページでは、セブ島留学の体験や評判を、旅行を兼ねた一週間の短期留学という観点にスポットを当て、ご紹介していきたいと思います。

語学留学をしたいとは思っていても、いきなり長期間、現地で英語漬けの生活を送ることに不安や躊躇いを感じる方も決して少なくないのではないかと思います。そこである種のお試しとして、旅行を兼ねた一週間~二週間程度の短期留学をしてみるというやり方はいかがでしょうか。

多くの方がご存じの通り、セブ島という場所は元々、リゾート地として発展、進化してきたという土地柄。それこそバカンスを兼ねて情報収集してみるというのは、全然ありでしょう。ここでは、そうした短期留学という形でセブ島を訪れた方の体験談に基づき、「どのような勉強を行い、どのような効果が出たか」を見ていきましょう。

Mさん 21歳 大学生

とあるきっかけで、セブ島へ一週間の短期留学をさせてもらえることになり、喜び勇んで参加させてもらいました。とは言え、一人で海外へ行くのは初めて。空港に着くまではあれこれ不安でしたが、学校スタッフの方が迎えに来てくれホッとしました。

手続きを終えると、さっそくアヤラモールというショッピンングセンターに連れていってもらえ、生活用品など必要なものは揃えられました。こうした心配りは嬉しかったです。

一方、肝心の授業の方は、最初に行ったレベル分けテストの時点で、自分の英語力の低さを思い知らされました。、たかだか5日間のカリキュラムでしたが、私のレベルに合ったものすごく濃密な内容だと感じました。特に、マンツーマンで行う授業というものが、とても新鮮に感じました。分かりやすいように指導してもらえるというやり方には、ある種感動してしまいました。グループ学習の時間もありましたが、身に着く度合がまったく違うことに驚かされました。正直言って、普段通っている大学の授業より何倍も頭を使ったように思います。

そうして嵐のような時間が過ぎ、土曜日は大型ショッピングセンターへお土産の買い出しに。安いので、ついつい量を買い込んでしまいました。最終日となる日曜日は、シュノーケリングや観光船などの海のアクティビティに学校のスタッフさん達と参加させてもらいました。新鮮なシーフードも食べられ大満足。

あっという間の一週間でしたが、こんな短期間でも、英語を学ぶことの重要性というものを実感できました。それこそ、日本では気が付かなかった感覚です。近い将来、改めて本格的に語学留学をしたいと思いました。