HIS

このページでは、HISをセブ島留学のエージェントとして取り上げ、会社情報やサポートの特徴、主な紹介先や利用者の口コミ情報などをご紹介していきたいと思います。

HIS、セブ島への留学エージェントとしての顔は?

実際にHISを利用した人の口コミ評判と主な紹介先から見ていきましょう。

利用者による口コミ評判

  • 留学エージェントではなく旅行会社だけのことはあり、カウンセリングの質の良さや情報量の豊富さは大したものです。マイナスポイントは手数料が必要なことと、紹介している学校が限られている点でしょうか
  • 元々、旅行が好きでHISもよく利用していましたので、まずはと相談してみました。語学留学はもちろん、先生宅ホームステイや親子留学などのプランまであるのには驚きました。正直、学校の数は少なめでしたが、希望に沿ったところが見つかったので、個人的には満足です

主な紹介先

SMEAG
日本人資本が入った学校でシニア・社会人・学生・親子留学まで幅広いカリキュラムを用意。日本人の要望に応えたマンツーマン授業を増加しており、一般英会話コース1日あたり4.5時間・ビジネスコースでは6時間といった具合です。
QQイングリッシュ
フィリピン政府公認の語学学校で、外資系企業が集まるITパークに立地しています。英語教授の国際資格を持つプロの講師を揃え、1日6時間のマンツーマンレッスンが基本。話せる英語は会話で学ぶというポリシーを掲げています。
MDL
正式名称はMultilateral Development in Language Learning Center。8:15~17:20までに9クラスが用意され、プラス無料で受講できる早朝(7:20~8:10)と夜間(17:25~18:15)クラスもあり。講師と24時間一緒に生活するプランもあります。

旅行会社ならではのサポート力を発揮

HISは説明するまでもなく、大手旅行会社としてお馴染みです。そんな同社は、旅行業として培ったノウハウを活かしながら、語学研修デスクという部門を設けており、セブ島はもちろんのこと、フィリピやアジア各国、欧米、オセアニアなどへの語学留学窓口としての顔を持っているのです。

そんな同社だけあり、大きな特徴と言えるのが、旅行会社を母体としている強み。特に、航空機チケットの手配や学校への各種手続きなどはさすがに長があるといった所でしょう。また、パック旅行感覚で、語学留学へのハードルを下げ、より多くの方が参加できるような配慮がなされていると見受けられます。費用例もホームページ上で詳しく紹介されています。

一方でこの長所は、ある種の諸刃の剣でもあります。言ってしまえば、同社はあくまで旅行会社であり、専業の留学エージェントと比べ、紹介している語学学校は少なめというのが現実。また、どちらかといえば本気で留学したいと思っている方よりも、レジャーの延長として語学留学を試してみたいという方向けといった側面が見受けられます。もちろん、そうした特徴を否定するつもりはありませんが、あらかじめ考慮しておくべきと言えるでしょう。逆に、レジャー感覚でとりあえず留学をお試ししてみたいという場合には、むしろ適していると言えます。

HIS DATA

社名
H.I.S.語学研修デスク
所在地
東京都渋谷区千駄ヶ谷 5-33-8 サウスゲート新宿ビル9F
設立
記載なし
公式サイト
https://www.his-j.com/tyo/air/study/